0594-76-8888
AM9:00~AM12:00/PM3:00~PM6:30
ホーム医院案内こどもと小児科医院感染症について予防接種健診アトピーについて

小児科専門医/三重県員弁郡東員町の小児科

ホーム»  予防接種

予防接種

予防接種スケジュール

最近では赤ちゃんの予防接種スケジュールが複雑化し、不安なお母さん達がたくさんいると思います。なかばやし小児科では一人一人にあったスケジュールを立てておりますので、安心してなかばやし小児科にお越しください。
2ヶ月から赤ちゃんの予防接種が始まります。しばらくはワクチン通いになりますが大切な赤ちゃんの健康を守るため、予防接種を受けましょう。
WEB、電話予約が可能です。HPホームのWEB予約リンクから予約ページに移動できます。
赤ちゃんにお会いできるのを楽しみにしております。お待ちしております♩

以下に簡単ではありますが、予防接種について説明いたします。
予防接種スケジュール

予防接種スケジュール

クリックすると拡大されます。


【関連情報】 日本の小児における予防接種スケジュール(国立感染症研究所)

Hib

インフルエンザ菌Bに対する予防接種です。よく毎年流行るインフルエンザと間違われますが全く関係ありません。インフルエンザ菌は髄膜炎や肺炎を起こします。小さいお子様が重症化しやすいため2ヶ月をすぎたら接種しましょう。肺炎球菌と同時接種が可能です。

肺炎球菌

肺炎球菌はHibと同様、肺炎や髄膜炎を起こします。2ヶ月から接種できます。

4種混合(DPT-IPV)

過去に接種されていたDPT(三種混合)にIPV(ポリオ)が加えられ4種混合になりました。3ヶ月をすぎたら接種しましょう。

BCG

結核菌に対する予防接種です。一回だけの接種です。当院では3ヶ月から接種しています。Hib、肺炎球菌などの予防接種が追加された関係で、標準接種が5~6ヶ月となっていますが特に問題はありません。生ワクチンのため、ロタウイルスと同時接種が今後のスケジュールをスムーズにしてくれます。

MR(麻疹・風疹)

一期は1歳から2歳になるまでに接種してください。大切なワクチンですので、1歳のお誕生日のお祝いとして接種しましょう。水ぼうそう・おたふくかぜのワクチンと同時接種可能です。
2回目の接種は小学生入学前の年長さんで忘れずに接種しましょう。

水痘(水ぼうそう)

平成26年10月から1歳~3歳未満が対象で公費無料となりました。2回接種です。1歳をすぎたら接種しましょう。2回目は3ヶ月の間隔をあけて接種可能ですが、当院では6ヶ月後に接種しています。

B型肝炎

B型肝炎とは「B型肝炎ウイルス(HBV)」の感染によって起こる肝臓の病気のことです。予防接種をすると20年後の肝硬変、40年後の肝臓癌の予防になります。平成28年10月~公費無料化になりました。

ムンプス(おたふくかぜ)

2回接種です。1回目は1歳をすぎたら接種しましょう。MR・水ぼうそうと同時接種可能です。
2回目はMRと同様年長さんで接種がオススメです。副反応は3,000人に1人程度で、無菌性髄膜炎があります。

ロタウイルス

胃腸風邪の中のロタウイルスを予防するワクチンです。小さいお子様がかかると重症化しやすいため接種率は高いです。ロタの予防接種は2種類あり、ロタリックス(2回接種)・ロタテック(3回接種)です。当院ではロタテックを主に接種しております。接種できる月齢が決められているため忘れずに接種しましょう。

子宮頸癌

現在は副反応の問題で接種がほとんどとまっています。

インフルエンザ

インフルエンザを予防するワクチンです。発病を防ぐというより軽く済ませるワクチンです。6ヶ月から13歳未満は毎年2回接種。13歳(中学1年)以上は1回接種となります。
平成27年より従来のA.A.B型(3価)から更にB型が追加されA.A.B.Bの4価になりました。

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種

インフルエンザワクチンの効果

去年はこども達の7人に1人がインフルエンザ(A又はB型あるいはAとB)にかかりました。インフルエンザワクチンを2回接種したこどもは1回接種のこどもよりおよそ0%の低い発病率でした。毎年接種すると発病率が下がってきます。インフルエンザワクチンを接種すると発病率が下がって病気も軽くなっているようです。老人の1部の方にも2回接種しましたがインフルエンザを発病して受診された人はありませんでした。

インフルエンザワクチンの接種が望ましい方

  1. 1.流行時に1~4才のこどもたち。
  2. 2.けいれんや喘息など持病のある方。
  3. 3.受験生。流行時期に出産予定のある方。
  4. 4.65歳以上の老人。
  5. 5.タミフルが異常行動が話題になっていますが、タミフルが飲めない又は絶対飲まない方。

インフルエンザワクチンの接種ができない方

  1. 1.発熱して1週間以内のこどもたち。
  2. 2.麻疹風疹水痘おたふくかぜにかかって4週間以内のこどもたち。
  3. 3.熱性けいれんを起こして4週間以内のこどもたち。
  4. 4.6ヶ月未満の乳幼児。
  5. 5.はっきりした玉子アレルギーでアナフィラキシーを起こした方。

インフルエンザワクチンの接種の方法

  1. 1.昨年接種していない人は2回接種をお勧めします。
  2. 2.毎年接種している中学生以上の方は1回接種です。
  3. 3.受験生は必ず2回接種してください。

インフルエンザワクチンの接種の費用

  1. 1. 小児のインフルエンザ予防接種は自費となります。毎年金額に変動がありますのでお問い合わせください。
  2. 2. 老人の方は平成28年度¥1,600となります。

TOPへ

ブックマークしていただくととても便利ですよ。外出先などでアクセス方法などご覧ください。

コチラをクリック!携帯電話からでも当院の予約が可能です。 受付手順のご案内>>>